東芝「ビジネスを変える力が、IoTにはある」 IoT事業をアピール

ビジネスモデルを変える力がIoTにある、東芝がSPINEX

東芝は、CeBIT 2017(ドイツ・ハノーバー、3月20日~24日)のジャパンパビリオンにブースを構えて、同社の
IoT事業をアピールした。同社は2016年11月にIoTアーキテクチャーとして「SPINEX(スパインエックス)」を
発表している。

ブースの説明員によれば、同社は得意技術が活きるエッジに力を入れてIoT事業を展開しているという。
例えば得意な技術としては、組み込み関連技術や産業現場の各種技術、研究所が中心に開発した
AI技術などがあるとした。

ブースにはSPINEXをベースにしたIoTシステムの例がいくつか紹介されている。Liイオン2次電池SCiB」を
利用して安定化を図った電力供給網や、AI技術を利用して効率化を図った半導体工場である。後者は
東芝自身の半導体工場の事例で、装置が出力したビッグデータをAIで解析することで、欠陥の仕分けが
34%向上、欠陥の同定が67%効率化したとのことだった。

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/event/15/011100096/032200033/toshiba2.jpg
SCiB」を利用して安定化を図った分散型電力供給網 東芝のパネル。

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/event/15/011100096/032200033/toshiba3.jpg
AI技術を利用して効率化を図った半導体工場 東芝のパネル。

新しいブランド名と言う方が適切

ちょっと意地悪な質問だが、「日立製作所のLumadaとSPINEXはどう違うのか」と聞いてみた。「どちらも
実際にはケースバイケースでかなり異なっており、プラットフォームやアーキテクチャーというよりは、
新しいブランド名と言う方が適切かもしれない」(同説明員)。使えるものは再利用して効率化を図るものの、
顧客ごとに最適なIoTシステムを構築するという従来のシステム開発と基本的にあまり変わらないのか・・。

続けて聞いてみた。「それでは、IoTという冠が付いただけで、今までと同じなのか」と。「そうではない。
IoTはビジネスモデルを変える力を持っている。例えば、我々のSPINEXの顧客である複数の加工装置/処理装置メーカーが、
装置を売るビジネスにとどまらずに、その装置で作ったもの/処理したものを売るビジネスに進出したいと
言っている」(同説明員)。

「現在は、IoTを利用して装置の監視や管理を行っているが、その機能があれば、作ったもの/処理したものの
量が分かる。すなわち、作ったもの/処理したものを従量課金で販売できるようになる」(同説明員)。ただし、
それらの顧客の名前は「言えない」(同説明員)とのことだった。その顧客は、そのまた顧客のビジネスに
進出するわけだから、「言えない」のはやむを得ないか・・。

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/event/15/011100096/032200033/?rt=nocnt