Googleマップを活用した『慰安婦像設置マップ』の世界版を公開 ポケモンストップ状態

韓国がつい先日、Googleマップを活用した『慰安婦像設置マップ』の韓国内版を公開したのは記憶に新しい。

地図には設置場所が簡単に分かる様になっており、クリック(もしくはタップ)すると像の画像や場所、
建設年、具体的な所在地、設置機関などが表示される。

98周年の3.1節を迎え、3月1日頃に一気に韓国内に7箇所も少女像が建設された。

そんな韓国内の『慰安婦像設置マップ』に続き国外版『慰安婦像設置マップ』が公開された。
今回は慰安婦像だけでなく石碑の場所も表示。日本国内に石碑が大阪と横浜、沖縄県渡嘉敷島
宮古島の4箇所確認出来る。
ヨーロッパではドイツ、アメリカはミシガン州サウスフィールド、カリフォルニア州グレンデール
ワシントンDCのナショナルモールなど、そのほか中国やオーストラリアにも建てられている。

ただ世界版地図なのだが表記はハングルのままである。

http://gogotsu.com/archives/27301
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/03/001-48.jpg
関連
韓国Googleマップを活用した『慰安婦像設置マップ』を公開
http://gogotsu.com/archives/27098
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/03/001-32.jpg