読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【強盗】繁華街の路上で3億円奪われる 福岡・天神

<強盗>繁華街の路上で3億円奪われる 福岡・天神 (毎日新聞

 20日午後0時半ごろ、福岡市中央区天神1の路上を通行中の男性から「現金を奪われた」との
110番があった。現場は天神の繁華街の一角で福岡市役所の近く。

 男性は「3億円を奪われた」などと話しており、福岡・中央署は署員を現場に急行させ、男性から
詳しく話を聞いている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000052-mai-soci

ソニー、世界最強のミラーレス「α9」を発表!20連写/秒、120fpsフルHD動画、693点AF、フル積層型CMOS

ソニーは4月19日、Eマウントのミラーレスカメラ「α9」(ILCE-9)を米国で5月に4,500ドルで、ヨーロッパで6月に4,500ポンド、5,300ユーロで発売すると海外発表した。日本での発売に関する情報はまだない。

世界初となる35mmフルサイズの積層型CMOSセンサーExmor RS」を採用。有効画素数は約2,420万。
感度はISO100?51200(拡張でISO50?204800相当)。14bit RAWで記録できる。
動画機能は4K記録や120fpsのフルHD記録が可能。

センサーシフト式の5軸手ブレ補正も引き続き搭載する。最大効果はシャッタースピード5段分。

モリー一体型の積層型CMOSは、α7 IIに搭載された表面照射型CMOSに比べ最大20倍の読み出しスピードとしている。

AE/AF追従で秒20コマの連写が可能。撮影コマ間のブラックアウトもないという。UHS-IIカード使用時は、RAWで連続241枚まで撮影可能。

画面内の93%をカバーする、693点の像面位相差AFに対応。AE/AF追従の演算は1秒間に60回。コントラストAFと組み合わせた「ファストハイブリッドAF」は、α7R IIより25%速くなったという。


シャッター速度は最高1/8,000秒。シンクロ速度は1/250秒。

高速読み出しでローリングシャッター歪みを抑えつつ、最高1/32,000秒の無音撮影を実現した「アンチディストーションシャッター」に対応。
1型積層型CMOSセンサー搭載のRXシリーズに先行搭載されていた機能で、シャッターユニットの動作による音と振動を完全に排除できる。

EVFは約369万ドットの有機ELソニーの内蔵EVFで過去最高の解像度という。輝度は最大でα7R IIの2倍。フレームレートは60fpsか120fpsを選べる。
接眼光学系も両面非球面レンズなどを用いた0.78倍とした。ツァイスT*コーティングも施されている。

ソニー、積層型フルサイズCMOS搭載の「α9」を海外発表
ブラックアウトのない秒20コマ連写 大容量バッテリー採用
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1055915.html
http://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1055/915/08_s.jpg
http://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1055/915/04_s.jpg
http://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1055/915/06_s.jpg
http://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1055/915/01_s.jpg
http://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1055/915/07_s.jpg

「46歳男性、年収240万円」ってありえるの?

現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。
本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。

 「苦しまないで死ねる施設をつくってほしいです。
たとえば、“何月何日に終わりにしたい”と連絡したら、安楽死とか、尊厳死とかさせてくれるようなシステム。そうしたら、
電車に飛び込む人も減るんじゃないでしょうか」

 千葉県の派遣社員・カズマさん(46歳、仮名)は、自身が望む「死にざま」について穏やかに語った。
その口ぶりからは奇をてらう気配も、かといって絶望に打ちひしがれた様子もうかがえない。

■30代でも通用しそうな外見

 180センチ近い身長に、すらりとした体型。
デニムとベージュのカットソーという服装には清潔感があり、白髪が目立ち始めてはいるものの、30代といっても通用しそうな見栄えである。

 しかし、実際の生活は苦しい。年収は約240万円、貯金はゼロ。
木造の家屋は気密性が低く、夏は暑く、冬は寒いが、電気代を節約するため、もう何年も冷暖房のたぐいは使っていない。
夏は水風呂で身体を冷やす。
冬はセーターとダウンジャケットを着て乗り切るのだが、今年も両手がしもやけになったという。

■「生きたいとも思わない」

 怒りも不満もなければ、夢や希望もない――。
貧しい暮らしにも早々に順応し、あきらめる。
それが、生来の性格なのか、
カズマさんが言うように生い立ちに起因するものなのか、それとも、社会でもまれる中で培われたある種の防衛本能なのか。
私にはわからない。
ただ、社会を作る多くの人々は、彼のような考えなのかもしれないとも思った。

 カズマさんと会ったのは、サクラが満開を迎える直前の頃だった。
すべてに諦観していても、サクラは不思議と人に生き死にについて語りたくさせるものらしい。
淡くほころび始めた並木の下、彼はこう言った。
「死にたいとも思わない。でも、生きたいとも思わないんです」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170420-00168102-toyo-soci&p=4

Windows 7終了まであと1,000日…

11日にWindows Vistaのサポートが終了したばかりですが、19日でWindows 7 SP1のサポート完全終了まであと1,000日となりました。

延長サポートの終了日は2020年1月14日です。

思えば2009年10月にWindows 7の提供が開始されてから、もう7年以上が経過しているんですね。メインストリームサポートが終了して
延長サポートに移行してからも2年以上たっています。延長サポートが終了すると、セキュリティ関連などの更新プログラムは一切提供されなくなり、
システムの乗っ取りなどの攻撃に対して脆弱な状態になってしまいます。

『まだ1,000日ある』と考えるか、『もう1,000日しかない』と考えるかは状況にもよるでしょうが、そろそろ最新OSへの移行を念頭に
置いたほうが良いのではないでしょうか? 幸いなことにWindows 7であれば、Windows 10へ移行するためのツールが用意されており、
ライセンスさえあれば比較的簡単にアップグレード可能です。比較的最近購入したマシンであれば、Windows 10に必要な
システム要件を満たしている場合も多いでしょう。

特に、Windows 10の無償アップグレードキャンペーン中に“無償アップグレード権”だけを確保した方は、もう一度Windows 10への
移行を考えてみてはいかがでしょうか?

http://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/1055520.html

次世代宅配「ロボネコヤマト」始動、配達員不足解消の切り札となるか

 宅配便最大手のヤマト運輸ディー・エヌ・エーDeNA)と次世代の宅配便サービス「ロボネコヤマト」の共同開発に乗り出した。2017年4月17日に神奈川県藤沢市で始めた実証実験では、10分刻みで受け取り時間を指定し、任意の場所で荷物を受け取れる。

 当面は有人運転の車両3台で運用し、台数はニーズに応じて順次増やす。さらに、2018年中をめどに自動運転車を投入する計画である。「最終的には無人のオペレーションを目指していく」とDeNAの中島宏執行役員は意気込む。

受け取りはセルフサービス

 今回の実験では国家戦略特区である神奈川県藤沢市鵠沼海岸、辻堂東海岸、本鵠沼で約1年にわたって二つのサービスを検証する。

 一つはオンデマンド型の宅配便「ロボネコデリバリー」だ。

 実験エリアに住む利用者はヤマトの会員サイト内の専用ページで受け取り場所を指定する。配達可能な日時から希望時間を選ぶと、実験車両が時間通りに指定場所に到着する。

 受け取り場所は道路の手前側か向かい側かなど、細かく指定できる。「実験区域内で交差点など危険な場所をくまなく調べ、それ以外ならどこでも荷物を受け取れるようにした。利用者がロボネコヤマトと屋外で『待ち合わせる』感覚だ」(ヤマト運輸の阿波誠一常務執行役員)。

 もう一つは地元商店の販売を代行する「ロボネコストア」だ。利用者は専用の通販サイトで地元の食品スーパーやドラッグストアの商品を購入。実験車両が複数の店舗を回って商品をピックアップし、指定場所にまとめて届ける仕組みだ。24店舗が実験への参加を表明しており、既に12店舗が通販サイトに出店した。

 実験車両は日産自動車の商用EV(電気自動車)「e-NV200」をベースに開発した。荷室に計8個の荷物を保管できる宅配ボックスを搭載。うち2個は保冷配送にも対応する。
(続く)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/041900939/?ST=spleaf

「ロボネコヤマト」の実験概要
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/041900939/ph1.jpg
オンデマンド宅配サービスの利用イメージ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/041900939/ph2.jpg

ポスト2ちゃんねる的SNS「マストドン」が日本人の間でブームの兆し!運営会社が介在しない匿名SNS

編集部注:ここ数日間で日本でも急激に話題となっているSNSMastodon」(マストドン)。ポストTwitterとの呼び声も高い同サービスは、インターネットに慣れ親しんだ(主におじさん)世代でブームとなり、瞬く間に若者など広い層に広がった。

Yahoo!リアルタイム検索で「マストドン」のツイート数の推移を追ってみても、約1ヶ月前の3月21日は11件しかなかったものが、4月1日に100件を突破し11日には1730件、14日には1万820件と急上昇。
15日には3万6579件ツイートされている。その後は減少傾向にあるが、この1週間で大きな注目を集めたのは間違いない(ちなみに「マストドン」の方が「Mastodon」より検索ヒット数は多い)。

この1週間、マストドンに関する使い方や解説などは各種メディアや個人ブログで読めるようになったし、pixivの「Pawoo」をはじめとして新しいインスタンス(サーバ)も複数立ち上がった。
今回はTwitterが日本で流行り始めた2007年にモバツイを開発するなど、SNSに関する知見が豊富な「えふしん」こと藤川真一氏(現BASE CTO)にマストドンの思想から課題、今後の可能性までを聞いた。

マストドンは運営会社の支配から解放された空間

Twitterクローン」と紹介されているだけあって機能面はTwitterにかなり近いが、誰でもインスタンス(サーバー)を開設でき、Twitterのように制約や統制がないことが大きな違いだ。

これはマストドンに用いられているOStatusという規格が掲げる「分散型ネットワーク」の思想に基づくもので、簡単にいうと運営会社の支配から解放された自由な空間であるということ。

たとえばTwitterの場合、アカウントの作成や細かいルールなどTwitter社が決めた規約にユーザーは従う必要があるが、マストドンではそこから解放される。
どのインスタンスでアカウントを作るかは自分の意思で決定でき、そもそもインスタンス自体を開設することも可能だ。

日本のネットを騒がせる「マストドン」、その課題と可能性をえふしん氏に聞いた
http://jp.techcrunch.com/2017/04/20/mastodon/
https://techcrunchjp.files.wordpress.com/2017/04/e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2017-04-17-22-29-37.jpg
https://techcrunchjp.files.wordpress.com/2017/04/e3839ee382b9e38388e38388e38299e383b3.jpg

<千葉女児殺害で保護者会の会長が逮捕>「知らない人についていかない」は機能しない?

水野ゆうき[千葉県議会議員

***

筆者の地元である千葉県我孫子市北新田の排水路脇の草むらでベトナム国籍の小学3年レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9歳)=千葉県松戸市六実=の遺体が見つかった殺人死体遺棄事件で、千葉県警捜査本部は4月14日8時12分、リンさん宅の近くに住む澁谷恭正容疑者(46歳)を死体遺棄容疑で逮捕した。

我孫子市内でも多くの保護者からまずはホッとした、という声が聴かれた。北新田という場所は筆者の自宅から車で約10分程度であるが、ほとんど人がいない場所である。筆者は生まれた時から我孫子市にいるが、地元議員の私ですら車で通る以外北新田に行ったことはない。我孫子市民ですら北新田は馴染みがない地域だろう。

【参考】ねつ造だらけのマスゴミ世論調査の深層

逮捕に至ったのは、現場の遺留物のDNAの型が澁谷容疑者のものと一致したことによるという。被害者のリンさんはどれほど怖かっただろう、と思うと胸がつぶれそうになる。

千葉県松戸市教育委員会によると、逮捕された澁谷容疑者は、女の子が通っていた松戸市の六実第二小学校の保護者で作る会の会長を務め見守り活動も熱心であったという。

始業式で挨拶まで行っていたという情報も出てきており、地域住民に衝撃が走っている。しかも、会長名(澁谷恭正容疑者)でリンさんの遺体をベトナムに搬送するための募金活動まで行っていたというのだから驚きを隠せない。

筆者は地元我孫子市の大規模自治会で副会長を務め、極力自身の学校区の行事には顔を出すようにしている。地元が行うイベント等にも防災や防犯という観点から地域住民との連携をとる活動に重点に置き、安心・安全な地域づくりに務めている。事件後は、我孫子市としても地域の市民に通学の見守りを促し、防災行政無線やメール配信等で見守りをお願いしていた。

今回の事件で何が問題であったのか。それは、一番信頼できるはずの「PTAや保護者、地域の人、見守り隊」という安心要素がすべてそろった人物による犯行容疑であった、ということだろう。

http://lite.blogos.com/article/218311/